December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ちっぽけな存在ですが・・

 このたび、東北地方太平洋沖地震にて、被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。


11日、私は自宅にいました。
私事ですが、2月に入院・手術をしました。
手術は無事成功し、2月末には退院し、自宅療養中でした。
そして1月は父親が肝臓ガンで亡くなりました。
ガンとわかって1ヶ月ちょっとで。あっという間でした。
四十九日も終わり、いろいろあったけど、我が家も落ち着いてくるのかな・・・、
と思った矢先でした。

私は静岡県在住なのですが、
もともと地震が多い地域なので、なんとなく地震慣れしており
11日もそれほどあわてず地震がきたと思っていたのですが・・

いつもと違う、長く、長く、揺れている・・・
だんだん不安になっていき、家を出て街を見ると
被害は幸いありませんでしたが、街全体がユサユサ揺れている。
なに?これ?こんなに不安になる揺れは初めてだ・・

その後のニュースで・・・
東北方面のまさかと息を呑む光景に、ただただ唖然としていました。

父が亡くなったのは悲しい・・でも
震災で突然奪われる命もある。
今回の震災で亡くなった方、行方不明になった方達の
ご家族の悲しみは計り知れません。

私にできることは義援金や節電の協力・・、
私一人の力は弱いですが少しでも協力していこうと思っています。

支援の輪が日本のみならず、世界中にも広がっています。
それがとてもありがたいと思います。
支援の手が、末端の被災地域まで、すみずみへと広がってくれることを
切に願います。

日本のみんなが協力しながら、一日も早い復興を願ってやみません。
被災に遭われた皆さまが、再び心の平穏を取り戻し、安心の暮らしができますよう、
心よりお祈りしております。

スポンサーサイト

comments

   

trackback

pagetop